安全対策ドットコムトップページ>> 一人暮らし高齢者安否確認システム(固定電話回線を使った自動通報システム) >>

安否確認センサーから安否確認電話通報機までの電波の通信距離は?一人暮らし高齢者安否確認システム。

まず、センサーから通報機までの電波の通信距離ですが、 一般的な木造住宅で10から18m前後となっております。 センサーから通報機の間に大きな家具や壁があったり、 建物構造が鉄筋コンクリート作り、もしくは鉄骨作りの場合は通信距離が短くなる事があります。

センサーから発せられる電波は指向性はありません。
電波の届かなかった場合は、通報機に位置をセンサー寄りに移動する、または途中に中継機を入れることで通信距離を伸ばすことも出来ます。 広い空間、階段室、廊下などの空間に無線中継機をつけると遠くまで電波が届きます。

商品ご紹介のページはこちら。

一人暮らし高齢者安否確認システム(固定電話回線を使った自動通報システム)
一人暮らし高齢者安否確認システム(固定電話回線を使った自動通報システム)
長時間、トイレなどに設置したドアセンサーから1度も開閉信号が送られてこなかった場合に ご家庭の電話回線を使ってご家族の方の携帯電話などへ自動的に警告アナウンスを流します。
健康にすぐれない一人暮らしのご家庭に。独居老人世帯の安全対策、セキュリティ対策に。


一人暮らし高齢者安否確認システム(固定電話回線を使った自動通報システム)
 index
おすすめ防犯グッズ
ホームセキュリティ
事業所、店舗の防犯システム、自主機械警備システム
防犯カメラと録画装置
無線通報器、無線呼び出し機
緊急呼び出し装置、非常ボタン装置
労働災害防止対策
接点信号による無線通報機
防災システム
セキュリティグッズ
警備会社と自主機械警備の違い
業種別防犯設備

特定小電力無線
ポケットベル
介護、徘徊防止システム
無線式電源オンオフ切替システム

固定電話通報装置
携帯電話通報装置

無線式回転灯駆動装置
ソーラー電源通報機
人や車の出入りの警報装置
歩行者へのの無線警報装置
警告シール、警告ラベル

建物、業種別の防犯対策
家庭用商品
店舗、事務所


設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方
運用方法に応じた最適な緊急通報装置、非常ボタンの選び方


設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方
設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方


ホームセキュリティ、防災システムのプランと導入事例
ホームセキュリティ、防災システムのプランと導入事例


安全対策.com


内容の無断転載を禁止します。


 (C)Copyright 安全対策.com.All rights reserved.

..