安全対策ドットコムトップページ>> 無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線) >>

無線送信機と無線受信機にそれぞれ独立アンテナを使って、送信機と受信機に途中に壁などの障害物のある場所でも電波を届くようにします。

離れた別棟間で無線連絡を行いたい場合の例。
送信側、受信側とも、お互いの建物の壁自体が電波を遮る環境となりますので、 お互いの送信アンテナ、受信アンテナだけを建物の外に出して電波の通信しやすいようにします。 アンテナどうしが見える位置関係に設置します。
アンテナは屋内用と、雨がかかってもokの防雨ケース収納型があります。


送信機と受信機の独立したアンテナを使って障害物のある場所でも電波を届くようにします。

特定小電力無線送信機
特定小電力無線送信機
押しボタン式。
工場や作業現場で社員の方が体調を崩した時、気分が悪くなったとき、不審者の侵入、設備機械の異常を発見したときなどの緊急スイッチに。
もしくは、既設の緊急スイッチからの接点信号入力による作動式。

有線ケーブル10m前後−送信機をアンテナを接続。

外部送信アンテナユニット
外部送信アンテナユニット(ボックス型) 電波が受信アンテナに向く方向に設置します。
外壁、廊下など。


(特定小電力無線 100〜300m) 送信アンテナと受信アンテナをお互いに見えるポイントに取り付けます。


外部受信アンテナユニット
外部受信アンテナユニット
外部送信アンテナから発信される電波を受信しやすい位置に固定します。
ロッドアンテナ。マグネットベース付き。

有線ケーブル−受信機と接続されています。

特定小電力無線受信機
特定小電力無線受信機




※以下のようなご相談も承ります。
屋内用、屋外用。
電源の種別(AC100V、AC200V、ソーラー式など)

商品ご紹介のページはこちら。

無線式遠隔通報型非常ボタンシステム
無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)
工場や作業場、駐車場、各種店舗などでご利用いただいております。 非常ボタンを押すと数百m離れたや回転灯などが作動、周囲に注意を促します。 送信機〜受信機は見通し100〜300mまで送信可能です。 長距離型無線の緊急呼び出しシステムです。
屋内屋外の工場、倉庫、作業場、大型店舗、バックヤード、市場などの建物での緊急呼び出し装置、店員や担当者の呼び出し装置。
工場内の生産ライン上での緊急呼び出し装置、非常ボタン。 スポーツ施設などの無線呼び出し装置、安全対策、労災防止対策などに。

緊急送信スイッチで100〜300m離れたパトランプを駆動させます。
送信機、受信機の電源はAC100V(標準)です。AC200Vなどのご相談も承ります。
途中に中継機を入れて電波の届く距離を延長することができます。
アンテナユニットはケーブルで独立できますので、 天井付近や廊下、階段室など電波の飛びやすい最適な位置に固定設置できます。移設も簡単です。
装置の設置、接続は簡単です。
送信機には電源停電時でも作動する小型充電バッテリを内蔵することもできます。


非常ボタンを押すと数百m離れたや回転灯などが作動、周囲に注意を促します
 index
おすすめ防犯グッズ
ホームセキュリティ
事業所、店舗の防犯システム、自主機械警備システム
防犯カメラと録画装置
無線通報器、無線呼び出し機
緊急呼び出しシステム、非常ボタンシステム
労働災害防止対策
接点信号による無線通報機
防災システム
セキュリティグッズ
警備会社と自主機械警備の違い
業種別防犯システム

特定小電力無線
ポケットベル
介護、徘徊防止システム
無線式電源オンオフ切替システム

固定電話通報システム
携帯電話通報システム

無線式回転灯駆動システム
ソーラー電源通報機
人や車の出入りの警告システム
歩行者へのの無線警告システム
警告シール、警告ラベル

建物、業種別の防犯対策
家庭用商品
店舗、事務所


設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方
運用方法に応じた最適な緊急通報システム、非常ボタンの選び方


設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方
設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方


ホームセキュリティ、防災システムのプランと導入事例
ホームセキュリティ、防災システムのプランと導入事例


安全対策.com


内容の無断転載を禁止します。



 (C)Copyright 安全対策.com.All rights reserved.

..