安全対策ドットコムトップページ>> 携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置>>

ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置の4チャンネル警報表示盤の1〜4チャンネルに振り分けて発信機を追加登録出来ますか?



-----------------------------------------------------------------

出来ます。

4チャンネル警報表示盤の1チャンネル〜4チャンネルのそれぞれの窓に振り分けて発信機を追加登録出来ます。 登録出来る発信機の総数は最大30個までです。

登録例
1チャンネル 発信機2個登録済み → 発信機1個追加。合計発信機3個。
2チャンネル 発信機1個登録済み → そのまま。合計発信機1個。
3チャンネル 発信機4個登録済み → 発信機3個追加。合計発信機7個。
4チャンネル 発信機3個登録済み → 発信機2個追加。合計発信機5個。

登録作業は警報表示盤の中のスイッチ操作で行います。作業は簡単です。


携帯式ジャイロセンサー発信器
携帯式ジャイロセンサー発信器。
電池式。無線送信機内蔵。
警報表示盤 以下のような時に警報が作動します。
1.自動送信 一定時間、発信機は動かない状態が継続した場合。
携帯式ジャイロセンサー発信器を60度以上倒します。(人が倒れて動けない状態) 約5秒後にジャイロセンサーの電源が入ります。 警報表示盤 タイマー作動後約30秒間(設定例)が経過すると発信機からピーッピーッ音が鳴り始めます。 さらに30秒後(設定例)にピーッピーッ音のテンポが早くなり、 警報表示盤に向けて電波が発信されます。
警報表示盤 2.手動送信 押しボタンを3秒以上長押しした場合。


(電波の届く距離 100〜120m)


警報表示盤
警報表示盤。
屋内用。電源AC100V。
携帯式ジャイロセンサー発信器からの電波を受けるとアラーム音を発し、 ランプを点滅させます。

商品ご紹介のページはこちら。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置
携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯発信器は人が倒れて動かなくなると一定の時間経過後に発信器から予告音が発生し、 それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。

昼夜を問わず、一人作業中に万が一事故や災害が発生したときに、事務所や守衛室、 さらには電話回線やメールを使って工業外の責任者の携帯電話に緊急連絡を可能にした安否確認システムです。

携帯発信器を装着した作業員が倒れて動かなくなる(60度以上の傾斜)と一定の時間経過後に発信器から予告音が発生し、 それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行い、受信警報盤のブザーが作動します。
携帯発信器は緊急ボタン付き。ボタンを長押した時は即、無線で緊急発信を行います。

ジャイロセンサー内蔵の携帯発信器は、人が倒れて動かなくなると一定の時間経過後に予告音が発生し、 それでも動かない時は事故と認識して離れた事務所などに緊急コールを行います。
電波を受けた受信警報盤はブザーを作動しながらランプが点滅します。 動作距離が足りないときは追加オプションで中継機を設置することができます。
 index
おすすめ防犯グッズ
ホームセキュリティ
事業所、店舗の防犯設備、自主機械警備システム
防犯カメラと録画装置
無線通報器、無線呼び出し機
緊急呼び出し、非常ボタン
労働災害防止対策
接点信号による無線通報機
防災警報機
セキュリティグッズ
警備会社と自主機械警備の違い
業種別防犯システム

特定小電力無線
ポケットベル
介護、徘徊防止
無線式電源オンオフ切替遠隔操作

固定電話緊急自動通報機
携帯電話緊急自動通報機
メール緊急自動通報機

無線式回転灯駆動装置
ソーラー電源通報機
人や車の出入りの警告装置
歩行者へのの無線警告装置
警告シール、警告ラベル

建物、業種別の防犯対策
家庭用商品
店舗、事務所


運用方法に応じた最適な緊急通報警報機、非常ボタンの選び方
運用方法に応じた最適な緊急通報警報機、非常ボタンの選び方


設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方
設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方


ホームセキュリティ、防災警報機のプランと導入事例
ホームセキュリティ、防災警報機のプランと導入事例


安全対策.com


内容の無断転載を禁止します。



 (C)Copyright 安全対策.com.All rights reserved.

..