本文へスキップ

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置の利用例と導入例。ご相談例。応用品のご紹介。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置の利用例と導入例、ご相談例。応用品のご紹介。



作業員が作業中に熱中症が心配される作業現場、研究施設、倉庫や工場での緊急非常連絡対策。

一人作業となる倉庫での入庫作業とクリーンルームの成形室と検査室での作業時の緊急連絡装置に考えています。

密閉された研究室の低温実験室での実験中において作業員の酸欠事故対策に考えております。

下請け業者に作業をしていただき建物をお引き渡しをします。
職人の高齢化や人手不足、また温暖化で作業環境が厳しくなってきています。熱中症などで搬送される職人の数は年々増えており、初期対応の早さが人命にかかわることとなります。ご高齢の職人、単独作業者、持病のある人などに携帯発信器を渡し、万が一の時素早く対応できたらと考えました。数人に送信機を渡すため誰が緊急発信したか分かる非常通報装置を探しています。

夜間一人で作業する工場や研究室での労働災害防止。早期の発見。自動電話通報を使った外部の責任者への緊急連絡。

作業中は1名での稼働となる為、事故等が起きた場合に作業員がボタンを押す事で、別工場内にある事務所の中で警報音を作動させて知らせたい。ボタンを押す事もできない場合の緊急連絡対策も考えたい。

新製品を電動機(ダイナモモータ)を使用して耐久試験や性能試験を実施しております。複数ある試験機は個室になっており、一人作業をする場合も頻繁にあることから労働災害対策の商品を探しており御社に行き当たりました。

業務中に作業員が意識がなくなって自力で動けなくなった時、動かなくなってから数分後に警報を鳴らす、その際にどこかに連絡がいき早期発見できるような装置はないでしょうか?
腰ベルトに装着する警報ボタンを使っていたのですが、大きく邪魔になっており、また、自力でボタンが押せなくなるといった不安があり迷っている次第です。

クリーンルーム内で発信機を使用し、警報表示板を居室に設置することを想定しています。
クリーンルームの部屋は1Fで居室はクリーンルームのほぼ上(2F)になります。

最近作業員が倒れる事故が発生します。倒れた時などに自動で通報するような装置はあるのでしょうか。センサーか何かで傾きを検知し、倒れて横になっていると判断したら自動で発信するようなものを探しています。

一人作業エリアの安全対策に使用できないかどうか検討しています。建屋内で作業しており、時々屋外への移動を含めて常に動き回っている作業をしています。

30m×80mの倉庫の横にある事務所の電話回線を利用して外部に通報する場合。
倉庫で作業中、無線式非常ボタンを作動する場合は、どのような機器が必要ですか?作業員が1名しかいないので、離れた事務所に緊急連絡体制を行いたいのですが。

多数の工作機械を使って金属部品を切削加工しておりますが、人数の規模30名に対して建屋・敷地が広く、どうしても一人で作業する場所があります。一部で交代勤務もしているため早朝・夜間に関しては更に一人で作業する場所が起こり易く、事務所にも人が不在なのが現状です。
作業者がケガする危険がないとは言い切れないので、そういった緊急時に一人作業をする人に対して通報できるシステムを導入できればと考えております。



一人作業緊急通報装置の警報の作動を固定電話回線で担当者の携帯電話に緊急自動通報するようにできます。自動電話通報装置の追加。
警報表示盤に接点信号出力端子を増設し、自動電話通報装置装置を接続します。

警報表示盤に接点信号出力端子を増設し、自動電話通報装置装置を接続します。外線の電話回線を使って施設責任者や安全管理担当者の携帯電話を直接呼び出します。


一人作業緊急通報装置の警報の作動をショートメールで自動通報する事ができます。
警報表示盤の接点信号出力端子にショートメール自動通報装置を接続します。

警報表示盤の接点信号出力端子にショートメール自動通報装置を接続します。
一人作業時の緊急事態発生をショートメールで自動通報します。




携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置

工場や研究室、クリーンルームなどで少数で作業中の従業員の安全管理におすすめします。
作業員が意識を失ったときはジャイロセンサーが働いて自動的に事務所や警備室、守衛室などへ緊急通報を行います。
昼夜を問わず、一人作業中に万が一事故や災害が発生したときに、事務所や守衛室、 さらには電話回線やメールを使って工業外の責任者の携帯電話に緊急連絡を可能にした産業用社員安否確認システムです。
高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯発信器は、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。 予め設定された時間が経過しても作業員に動きの無いときは携帯発信器から予告音が発せられ、 それでも動かない時は事故発生と認識して電波を発信、事務所や守衛室などに緊急呼び出しコールを自動的に行います。 緊急連絡を行う非常押しボタン付き。


携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。
携帯発信器、受信盤は複数台をご利用いただけます。


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ


バナースペース


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内