安全対策ドットコムトップページ>> 事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム>>

事務所や店舗、倉庫などの引き違い窓に開閉センサーを取り付ける場合。


結露対策と防犯対策をかねて、開閉センサーはサッシの上の方に貼り付けてください。
クレセントの鍵から離れた場所が防犯上おすすめです。

ガラス面にマグネットを貼り付けてください。


両面テープで貼り付ける前に、窓を締め切った時に、センサー本体の接触面と磁石が密着する位置を決めます。
マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の 外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます。
マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます


マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます。
開閉センサー本体の接触部分とマグネットの間の隙間が1センチ以内になるように、
開閉センサー本体をもう一方の内側のサッシの側面部分(クレセント取付面)に 付属両面テープで貼り付けます。
マグネットとセンサーはぶつからない程度にできるだけ近づけてください。センサー本体は縦に設置してください。

マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます

窓が開いたときに、開閉センサーとマグネットが離れるようにセットします。


マグネットセンサー
無線式開閉センサー(マグネットセンサー)
警戒モード中に扉や窓の開閉を検知し、警報機へ無線信号を送信します。
部室、ロッカールームの扉や窓などに付属の両面テープで貼り付けます。
電池式。微弱無線送信機内蔵。ワイヤレス式センサーですので設置は簡単です。
水分のかかる場所には防水タイプも有ります。


(微弱無線 10〜20m)


警報機本体
警報機本体。部室、ロッカールーム内に設置します。
屋内用。電源AC100V。
防犯センサーからの無線通報を受けて110デシベルの警報アラームを作動します。
侵入者を威嚇します。
電源プラグをコンセントに差し込むだけで作動しますので、電気工事に素人の方でも簡単に設置できます。


モード切替用リモコン
センサーの警戒、解除のオンオフ操作を行う携帯式のリモコンです。 ボタンを押すと内部で赤いランプが光り、電波の送信を確認できます。
小型ですのでキーホルダーや携帯電話などにつけて持ち歩くことができます。
電池はセンサーと同じくボタン電池(CR2032)を使用しています。電池の寿命は1日2回送信で約1年間です。

月々の管理費不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。センサーの追加も簡単にできます。

商品ご紹介のページはこちら。

事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム
事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム
事務所や店舗への泥棒の侵入や火災を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 電話通報機を追加すると携帯電話などへ警報を報せるアナウンスを流します。 威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。


事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム
 index
おすすめ防犯グッズ
ホームセキュリティ
事業所、店舗の防犯システム、自主機械警備システム
防犯カメラと録画装置
無線通報器、無線呼び出し機
緊急呼び出しシステム、非常ボタンシステム
労働災害防止対策
接点信号による無線通報機
防災システム
セキュリティグッズ
警備会社と自主機械警備の違い
業種別防犯システム

特定小電力無線
ポケットベル
介護、徘徊防止システム
無線式電源オンオフ切替システム

固定電話通報システム
携帯電話通報システム

無線式回転灯駆動システム
ソーラー電源通報機
人や車の出入りの警告システム
歩行者へのの無線警告システム
警告シール、警告ラベル

建物、業種別の防犯対策
家庭用商品
店舗、事務所


設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方
運用方法に応じた最適な緊急通報システム、非常ボタンの選び方


設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方
設置場所の環境に応じた最適な防犯セキュリティシステムの選び方


ホームセキュリティ、防災システムのプランと導入事例
ホームセキュリティ、防災システムのプランと導入事例


安全対策.com


内容の無断転載を禁止します。


 (C)Copyright 安全対策.com.All rights reserved.

..