本文へスキップ
1
フォークリフトがペン型受信機を携帯した作業員の傍で停車している間(エンジンOFF状態)も、ペン型受信機は反応を続けるのでしょうか?

無線式重機接近警告アラームシステム1への質問


(ご質問への回答)

無線送信機の電源をリフトのどの部分からとるかで変わってまいります。

もし、フォークリフトのバッテリに無線送信機の電源を直結するとリフトが停止しても電源が供給され続けますので、 作業員の携帯しているペン型受信機がアラーム音を鳴らし続けます。

フォークリフトを停車すると電源も自動的に止まる電源取り出し口に無線送信機の電源線を接続すれば、 ペン型受信機は自動的に止まると思います。

※現在
無線送信機には電源スイッチが標準で装備されました。電源スイッチを切ると
無線送信機の電波発信は停止します。


重機用送信機
重機用送信機。
フォークリフトやユンボの屋根の上など電波が周囲に飛びやすい位置に設置固定してください。
電池を入れて、表蓋のスイッチを入れれば電波を発信し始めます。
DC電源タイプもあります。


(無線 1〜20m)


作業員用ペンタイプ受信機
作業員用ペンタイプ受信機。
作業員がヘルメットの中や衣服の胸ポケットに装着します。
無線送信機を取り付けた重機、フォークリフトが作業員に接近すると、自動的に、ピピッツピピッツと アラーム音を発して作業員に注意を促します。
フォームリフトが離れて電波が届かなくなると、自動的にアラーム音は止まります。
感度調整ダイヤル付き。電源:充電式


商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

無線式重機接近警告アラームシステム1

作業員とフォークリフトの追突防止、交通事故防止用の警告装置です。

フォークリフトやユンボなどの、作業で移動する危険物に電波送信ユニット(微弱電波)を装着します。作業員はペンタイプの携帯受信機をヘルメットや衣服に装着します。フォークリフトが作業員に一定の距離まで接近すると 作業員のペン型受信機がピッピッピ・・・という警告音で危険を知らせてくれます。
電波発信機、受信機は同一構内で複数台御利用いただけます。

工場、倉庫など構内での交通事故防止、労働災害防止対策、安全対策。 作業員とリフトなどの重機との追突防止、衝突防止。


無線式重機接近警告アラームシステム1
動作距離は約3〜15mで自由に感度調整できます。 建設現場や工場、研究所等でご使用ください。

バナースペース


防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内

株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793

安全対策ドットコムトップ頁