本文へスキップ

安否確認押しボタンを使う業務用冷凍庫や冷蔵庫、実験室、研究室内での作業員一人作業時の安否確認システム。在室時間の超過で室内での一人作業時の安否を確認します。

押しボタン操作式一人作業時安否確認システム
安否確認押しボタンを使う業務用冷凍庫や冷蔵庫、実験室、研究室内での作業員一人作業時の安否確認システム。
在室時間の時間超過で室内での一人作業時の安否を確認します。

入室の際と退室の際に、扉の外の安否確認ボタンを押します。
ボタンを押した時から安否確認タイマーのカウントダウンがスタート。

予め設定されたタイマー時間が経過(予定されたされた作業時間の超過)しても退室者が安否確認ボタンを押さないと、警報機がアラーム音が作動して 室内で何か異常事態が発生したのではないかと周囲に注意を促します。


時間制限のある作業や危険区域(業務用冷凍庫や冷蔵庫など)での入室時間超過のお知らせに。

押しボタン操作式一人作業時安否確認システム


周囲を密閉された室内での作業時の安全対策に。

夜間や人手不足による一人作業時の安全確認。

個室や密室での一人作業時の異変を室外にお知らせ。

薬品実験室、冷蔵庫、冷凍庫なのでの一人作業安心報知器として利用できます。



安否確認タイマー設定時間は15通りより1つを選択して設定出来ます。

分設定
10,15,20,30,45,60,90分
時間設定
2,4.6.8.10.12.15.24時間



【動作イメージ】
【送信側】
無線式の安否確認ボタン
安否確認ボタン
入室、退室の確認をする部屋の扉の外に設置します。

入室する際に安否確認モードをオン。
退室したときに安否確認モードをオフにします。


押しボタン操作式一人作業時安否確認システムの基本操作のイメージ図


作業員は入室する際に扉の外の安否確認ボタンを押します。
新たな入室者にボタンが押される度に、安否確認タイマーがゼロから再スタートします。


最後の退室者は、室内が無人になった事を確認した後、扉の外の安否確認ボタンを停止して部屋を離れます。

微弱無線
通信距離 見通し50〜100m
※通信距離の目安となります。途中に壁など電波を遮るものがあると電波の届く距離は短くなります。
微弱無線
【受信側】

押しボタン操作式一人作業時安否確認システムの警報機
警報機(無線受信機内蔵)

ブザー音量:最大95dB。ボリューム調節可能。



安否確認タイマー設定時間は15通りより1つを選択して設定出来ます。
分設定
10,15,20,30,45,60,90分
時間設定
2,4.6.8.10.12.15.24時間



動作例1-安否確認タイマー60分間、報知遅延時間無し
入室の際に扉の外の安否確認ボタンを押して、60分間の安否確認タイマーをスタートさせます。
表示 緑色LEDが点灯します。
操作音 ピッ
入室の際に扉の外の安否確認ボタンを押して安否確認タイマーをスタートさせます

緑色LED点灯中は安否確認タイマーのカウントダウンが作動中です。
※現場を離れるなど、安否確認タイマーを停止するときは安心ボタンを押しして緑色LEDを消灯にしてください。


60分後


ボタンが押されないまま60分が経過した場合、即、警報機に向けて異常無線信号を発信します。
速いテンポのピーッピーッピーッ音が繰り返されます。
60分経っても退室者がいない→60分経っても室内での作業が終わらない状態。


電波を受信した警報機(無線受信機能内蔵)がLEDランプの点滅とブザー音で周囲に確認を促します。
安否確認警報機のアラームが作動します


(復旧操作)

安否確認ボタンを押して赤LEDを消灯すると、ボタンから警報機へ復旧信号が送信されます。
警報機のランプの点滅とブザー音は停止し待機状態に戻ります。
ボタンも待機状態に戻り、再びカウントダウンがスタートします。
安否確認ボタンを押して赤LEDを消すとボタンから復旧信号が送信されます

復旧信号を受信した警報機は、LEDランプの点滅とブザー音を停止します。
復旧信号を受信した安否確認警報機はLEDランプの点滅とブザー音を停止します


押しボタン操作式一人作業時安否確認システムの操作の動画-報知遅延時間無し
押しボタン操作式一人作業時安否確認システムの操作の動画-報知遅延時間無し




(途中で安否確認タイマーをリセット)
入室の際に扉の外のボタンを押して、安否確認タイマーをスタートさせます。
表示 緑色LEDが点灯します。
操作音 ピッ
入室の際に扉の外の安心ボタンを押して安否確認タイマーをスタート


安否確認タイマー時間のカウントダウンが終了すると、
赤色LEDが数回点滅し、ピーッという予告音を1回発します。
安否確認タイマー時間のカウントダウンが終了すると予告音を発します

ボタンを押して赤色LEDの点滅を止めます。カウントダウンの再スタート。

安否確認ボタンは待機状態に戻り、
再び安否確認タイマーのカウントダウンを開始します。
待機状態


作業員は入室する際に扉の外の安否確認ボタンを押します。
新たな入室者にボタンが押される度に、安否確認タイマーがゼロから再スタートします。


最後の退室者は、室内が無人になった事を確認した後、扉の外の安否確認ボタンを停止して部屋を離れます。



動作例2-安否確認タイマー60分間、報知遅延時間あり
入室の際に扉の外の安否確認ボタンを押して、60分間の安否確認タイマーをスタートさせます。
表示 緑色LEDが点灯します。
操作音 ピッ

※遅延放置時間(警報遅延タイマー設定)
→主装置の警報機のアラームを作動させる前に、一定の時間の間、LEDランプやブザー音で周囲に警告する機能です。

入室の際に扉の外の安否確認ボタンを押して安否確認タイマーをスタートさせます
※安否確認ボタンを切るときは、ボタンを長押しして緑色LEDを消灯にしてください。


60分後


ボタンが押されないまま安否確認タイマー時間の60分のカウントダウンが終了(作業時間の超過)すると、赤色LEDが点滅を始めます。
予告ランプ。
安否確認タイマー時間のカウントダウンが終了


(10分後 遅延報知時間1-赤色LEDの点滅)


ボタンが押されないと、ピーッ...ピーッ...音(予告音)を連続して鳴らし始めます。
予告ランプ+予告音


(10分後 遅延放置時間2-赤色LEDの点滅と予告音)


遅延放置時間2の10分間が経過してもボタンが押されない時、警報機に向けて異常無線信号を発信します。
速いテンポのピーッピーッピーッ音が繰り返されます。



電波を受信した警報機(無線受信機能内蔵)がLEDランプの点滅とブザー音で周囲に確認を促します。
安否確認警報機のアラームが作動します


(復旧操作)


安否確認ボタンを押して赤LEDを消灯すると、ボタンから警報機へ復旧信号が送信されます。
警報機のランプの点滅とブザー音は停止し待機状態に戻ります。

ボタンも待機状態に戻り、再びカウントダウンがスタートします。
安否確認ボタンを押して赤LEDを消すとボタンから復旧信号が送信されます



復旧信号を受信した警報機は、LEDランプの点滅とブザー音を停止します。
復旧信号を受信した安否確認警報機はLEDランプの点滅とブザー音を停止します



(警報作動に至る動作 - 報知遅延時間設定なし)

在室作業時間 60分間に設定
作業室からの出入りがあまり無い場合


1.作業室に入室前。
 安否確認ボタンの安心ボタンを押して入室します。室内で作業を開始。



2.ボタンの中の安否確認タイマーが、60分間からカウントダウンを始めます。



3.60分経過しても、室外の安心ボタンが押されない場合
入室後、決められた作業時間60分が経過しても作業員が退出しない状態。
 → 在室作業時間が超過したと認識します。



4.安否確認ボタンは速いテンポのピーッピーッピーッ音を鳴らし始めます。
 同時に警報機に向けて異常信号を送信します。



5.離れた警報機が、警告アラーム音とランプのフラッシングを始めます。


※リセット操作
安心ボタンを押すと安否確認ボタンのピーッピーッ音と警報機のアラームは停止します。
再び安否確認タイマーの60分からのカウントダウンがスタートします。

※長時間、部屋を離れる場合や、室内の作業が終了した場合。
安否確認ボタンの電源を切ってください。
安心ボタンを長押しすると、緑色のLEDが消灯して安否確認ボタンの電源が切れます。




(動作例 - 報知遅延時間設定なし)

在室作業時間 60分間に設定
部屋からの作業員の出入りのある場合


1.作業室の外の安否確認ボタンの安心ボタンを押して入室します。
 室内での作業を開始。



2.ボタンの中の安否確認タイマーが、60分間からカウントダウンを始めます。



3.入室してから30分経過した後、作業員が作業室から退出。
 安心ボタンを押して作業室を離れます。



4.安否確認ボタンのタイマーはリセットされて、60分間から再びカウントダウンを開始します。



5.10分後、作業員が戻ってきます。
 入室前に再び安心ボタンを押し、入室します。



6.安否確認ボタンのタイマーは再度リセットされて、再び60分間からカウントダウンを開始します。
 室内での作業を開始。 


以上のような繰り返しとなります。





安否確認押しボタン+無線送信機



安否確認押しボタンの利用開始
ボタンを2秒間ほど長押しすると起動します。
緑色LEDが点灯します。
起動状態になると同時に安否確認タイマーのカウントダウンがスタートします。


安否確認押しボタンの利用停止
ボタンを2秒間ほど長押しして、緑色LEDを消灯にします。
停止状態。


安否確認タイマーの設定時間は15通りより選択出来ます。

分設定
10,15,20,30,45,60,90分
時間設定
2,4.6.8.10.12.15.24時間


仕様
縦125ミリ 横84ミリ 厚37ミリ
設定場所 壁面設置 屋内用
使用温度 -10〜+50度
重さ   約150g
外観   樹脂



無線送信機

安否確認押しボタンの操作を無線で警報機へ知らせます。
アンテナが天井に向くように設置してください。


縦287ミリ 横40ミリ 厚23ミリ
※アンテナ含む
設定場所 壁面設置 屋内
使用温度 -10〜+50度
重さ   約120g
外観   樹脂
電源   ACアダプター



無線警報機(無線受信機内蔵)

ブザー音量:最大95dB。ボリューム調節可能。
安否確認ボタンからの緊急無線信号を受信すると、アラームを作動します。


電源 AC100V 50/60Hz
消費電力/電流 2.5W以下/330mA以下
使用周波数帯 426MHz帯 
受信可能距離 約100m(見通し距離)
フラッシュ出力 閃光色:赤色(高輝度LED×12個)
点滅周期:警報時、約0.4秒点滅、0.4秒消灯をくり返す

サイズ 縦234ミリ×80ミリ×厚み91ミリ
※電源ケーブル等は含みません。
使用可能温度 −10度〜+50度(結露なきこと)


屋内、屋外(防滴構造 IP43相当)
防滴構造を維持するために取り付けは正しい向きで行ってください。
横向きや倒立させた取付けをすると故障の原因となります。


アラーム音
警報時、無音〜95dB以上(音量ボリュームつまみにより変更できます)
※無音→LEDランプのみをご利用の場合

LEDランプ
内部のスイッチでランプの点滅を作動しなくすることができます。
※警報はアラーム音のみご利用の場合。


本体質量 約470g
外観 樹脂




中継機(※追加オプション機器)
安否確認押しボタン+無線送信機の電波が無線警報機まで届きにくい場合にご相談ください。

受信周波数 426Mhz帯
送信周波数 426Mhz帯
出力 特定小電力無線
電源 AC100V
重量 約1キロ
使用可能温度 −10度〜+50度
電波の届く距離 見通し100m
屋内用 ※防爆仕様ではありません。

中継機は、無線送信機と警報機の途中に存在する電波を遮断しやすい壁や大型機械、商品棚などを避けて、電波の流れの迂回ルートを作るご利用方法もあります。



混信しない3グループで利用出来ますか?

完全密封の作業室での作業員の安否確認システムを提案してください。

安否確認押しボタン+無線送信機を金属ボックスの中に入れて取付けても問題無いですか?

安否確認押しボタンから警報機まで電波が届きません。電波を強くすることは出来ませんか?

冷蔵庫や冷凍庫内で作業員が倒れたときに事務所に自動的に緊急連絡したい。

冷凍庫内での一人作業の在室時間超過が発生した時に管理者へ自動で電話する仕組みはできるでしょう?

仕事が終わった後に押しボタン操作式一人作業時安否確認システムを止める時はどうすればいいですか?




本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼
お問い合わせとお見積もりのご依頼はこちらをクリックしてください。

本製品の価格
本製品の価格

商品のお問い合わせ先はこちら。
株式会社 LIBERO (リベロ)
〒937-0811 富山県魚津市三田3507-2
TEL:0765-24-2816
FAX:0765-24-2793
mail:post@anzen-mail.com
会社案内


−当商品の特徴−
  • 信頼性の高い日本製の商品です。外国製商品と異なり修理点検が可能です。
  • 面倒な配線工事は必要ありません。
  • ボタン、受信機とも複数台での組み合わせでご利用いただけます。
  • ボタン、受信機のペアリングは互いに登録、抹消ができます。複数セットある場合には組み合わせの変更も可能です。
  • ご利用に伴う役所への届け出は必要ありません。
  • お見積もりのご依頼、ご相談は無料にて承っております。
  • 性能向上のため予告無く外観や仕様が変更になる場合がございます。



【商品の配送方法】
クロネコヤマトの「宅急便」(ヤマト運輸株式会社)にてお送りさせていただきます。


【お支払い方法のご説明】
宅急便コレクト
お支払い方法は安心のヤマト運輸の代引きサービス(コレクトサービス)をご利用いただいております。

ヤマト運輸の配達員がご自宅や会社に商品に入った荷物をお届けした際に
1.現金払い
2.クレジットカード払い
3.デビットカード払い(銀行のデビッドキャッシュカード)
のうちご希望のお支払い方法をその場でお選びいただけます。

ヤマト運輸の配達員は、荷物をお届けの際にカード端末を持参いたしております。
配達員がお客様に荷物を持参した際にヤマト配達員に指定をしていただければ、現金、クレジットカード、デビッドカードのいずれかの方法で代金をお支払 いいただけます。
ヤマト運輸代金引換クレジットカード決済
荷物には上のようなヤマト運輸コレクトサービスのシールが貼られています。

本製品のお見積もり作成のご依頼は無料で承っております。数量の多い場合や仕様変更をご希望の場合、法人様とのお取引につきましてもお取引方法など を個別にご相談をさせていただいております。



-他商品のご紹介-

携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置

工場や研究室、クリーンルームなどで少数で作業中の従業員の安全管理におすすめします。
作業員が意識を失ったときはジャイロセンサーが働いて自動的に事務所や警備室、守衛室などへ緊急通報を行います。

昼夜を問わず、一人作業中に万が一事故や災害が発生したときに、事務所や守衛室、 さらには電話回線やメールを使って工業外の責任者の携帯電話に緊急連絡も可能にした産業用社員安否確認システムです。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。
携帯発信器、受信盤は複数台をご利用いただけます。

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯電波発信器は、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。

予め設定された時間が経過しても作業員に動きの無いときは事故発生と判断して電波を発信、 事務所や守衛室に設置された警報表示盤のアラームを作動させます。 すぐに緊急連絡を行うことのできる緊急押しボタン付き。





本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
弊社HPトップ頁へ

バナースペース


安全対策ドットコム


本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内