本文へスキップ
1
事務所や店舗の引き違い窓に防犯用開閉センサーを取り付ける例。

事務所店舗用ワイヤレスセキュリティシステムへの質問

結露対策と防犯対策をかねて、開閉センサーはサッシの上の方に貼り付けてください。
開閉センサーの位置はクレセントの鍵から離れた場所が防犯上おすすめです。

ガラス面にマグネットを貼り付けてください。


両面テープで貼り付ける前に、窓を締め切った時に、センサー本体の接触面と磁石が密着する位置を決めます。
マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の 外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます。
マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます


マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます。
開閉センサー本体の接触部分とマグネットの間の隙間が1センチ以内になるように、
開閉センサー本体をもう一方の内側のサッシの側面部分(クレセント取付面)に 付属両面テープで貼り付けます。
マグネットとセンサーはぶつからない程度にできるだけ近づけてください。センサー本体は縦に設置してください。

マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます

窓が開いたときに、開閉センサーとマグネットが離れるようにセットします。




専用の無線式防犯センサー
ワイヤレスの防犯センサー。
無線送信機内蔵。
事務所や店舗の窓や扉など、泥棒の侵入の危険性のある開口部に設置します。
もしくは店内や事務所内に赤外線センサー(人感センサー)を配置します。
防犯センサーが反応すると、警報機に向けて電波で信号を送ります。


(無線10〜18m)


防犯用警報盤
警報機本体。
屋内用。電源AC100V。
防犯センサーからの無線通報を受けて警報アラームを作動します。
泥棒や強盗犯を威嚇、周囲に緊急事態発生を報せます。

有線ケーブル


自動電話通報機(追加オプション機器)
警報機本体と固定電話回線に有線ケーブルで接続します。
警報機からの指示で予め内蔵メモリに登録された緊急連絡先電話番号へ自動コールを行います。


電話網


ご担当者の携帯電話やご自宅の電話にセンサーの作動を報せるアナウンスを流します
代表者、セキュリティ担当者の携帯電話や自宅の電話に異常を知らせるアナウンスを流します。


商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

買い取り式事務所店舗用ワイヤレスセキュリティシステム

月々の管理費用の要らない買取式の事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム。

夜間無人になる事務所や店舗に防犯センサー、火災センサーを取り付けます。 泥棒の侵入を防犯センサーが感知すると、設置された警報盤が100デシベルの警報ブザーを鳴動させて周囲に異常を報せます。

威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。

追加オプションの自動電話通報機やメール自動通報装置を追加接続するとお手元の携帯電話やスマートホンへ警報作動を報せる音声アナウンスを流します。

威嚇と周囲へセンサーの異常を報せる機能+責任者、安全管理者への異常緊急通報の機能を持った買い取り式自主機械警備システムです。


事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティ自主機械警備装置の導入運用イメージ図
防犯センサーと緊急連絡用自動電話通報装置を組み込んだセキュリティ装置の導入イメージ。
現地で緊急警告アラームを作動させながら、指定の先に緊急連絡を行います。



バナースペース


防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内

株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793

安全対策ドットコムトップ頁