本文へスキップ

雷神屋外侵入者点滅ブザー警告システムへの質問と回答、Q&A集。

雷神屋外侵入者点滅ブザー警告システムへのご質問と回答


赤外線センサーに広角度型はありませんか?

フラッシュブザー警報機の取付方法と写真。




赤外線センサー(モーションセンサー、人感センサー)はどういう場所が不向きですか?

赤外線センサーは人間が室内を動き回った際の、体温と室内の空気の温度変化に反応します。
人間だけでなく動物でも感知しますのでペットを飼っている場所は不向きです。

屋内設置の赤外線センサーが誤作動をおこす場合は、一般に以下のような原因が上げられます。
1.窓からの風の吹き込み、カーテンの揺れ、観葉植物の葉っぱの揺れ。
2.エアコンの切り忘れなどによる室内の温度変化。温風、冷風が吹き出す→モーションセンサーが反応。
3.小動物が感知。(ペットのいる場所は不向きです。ネズミなど小動物にも感知する場合があります)
4.センサーのレンズの汚れ。
5.センサーが直射日光にさらされる場所に置かれた場合。特にセンサーのレンズに直射日光が当たる場合。(昼間-休日、外出時の警戒状態)
6.監視エリア内にFAXがある。(警戒中に熱い感熱紙が出てくるとそれに反応する。)
など。

小動物がいる場合は、赤外線の飛ぶ位置を床から上に設定する事もできますが、猫などは机にのったりしますので、あまりおすすめはできません。
赤外線センサーは直接直射日光の当たる場所には取付内でください。熱せられて昼間にセットした際に誤報の原因になります。
夜間の屋外からの光はあまり誤報の原因になることはありませんが、車のヘッドライトなど強い光が直接当たるような場所には赤外線センサーは置かない方がいいと思います。部屋の隅の暗い場所から室内に赤外線をとばす、というイメージで設置場所を設定してください。


赤外線センサーの誤作動が急に多くなりました。原因は何が考えられるでしょうか?
赤外線センサーの電池の保ちは6ヶ月間が目安となっています。電池の消耗度合いは感知する回数によって変わりますが、ほとんど感知しなくても徐々に電池を消耗していきます。電池の電圧が下がってくると誤作動の起きる場合があります。
もし急に誤作動と思われる現象が増え始めた時は、まず電池を交換してお試しをいただければと存じます。


モードホールド機能
フラッシュブザー警報機の電源が切れた場合、
再び電源が供給されると、停電前のモードでフラッシュブザー警報機は再起動します。

(例)
警戒モード中のフラッシュブザー警報機

停電発生!

フラッシュブザー警報機の電源が落ちます。

停電が復旧し、再びフラッシュブザー警報機に電源が供給されます。

フラッシュブザー警報機は警戒モードで再起動します。

(例)
解除モード中のフラッシュブザー警報機

停電発生!

フラッシュブザー警報機の電源が落ちます。

停電が復旧し、再びフラッシュブザー警報機に電源が供給されます。

フラッシュブザー警報機は解除モードで再起動します。



リモコンを紛失した場合はどうすればいいでしょうか?
紛失した無線式モード切替リモコンでお手元の警報機を操作できなくすることができます。
警報機は内部のスイッチ操作でリモコンとセンサーを内蔵メモリから一括抹消することができます。その後、残ったお手元のリモコンやセンサー、新規のリモコンをコントローラーに再登録すると、お手元にあるリモコンだけコントローラーが反応するようになります。
もし紛失したリモコンが第三者の手に渡ったとしても、 お手元の警報機を操作する事はできません。


2箇所で同時にブザーを鳴らすことはできないですか?
防犯センサーが異常を検知した時は、敷地内の2台のフラッシュブザー警報機で同時にアラーム音を鳴らすことができます。1個もしくは複数個の防犯センサーを2台の警報機で共用にします。
※センサーの電波がコントローラーに届く範囲内。
モード切替用のリモコンは2台のフラッシュブザー警報機で共用にする事もできます。2台のフラッシュブザー警報機が近接していると、
1個のリモコンのオンオフ操作で2台の警報機が一斉にモード切替をするイメージとなります。
警報機の位置が電波の届かないぐらい離れていると、1個のリモコンがマスターキーのような感じで利用出来ます。
また、No.1の警報機用のリモコンとNo.2の警報機用のリモコンを別々に分けて設定する事もできます。
ご希望の利用方法をご相談ください。


雷神屋外侵入者点滅ブザー警告システムは海外でも使えますか?
市販のダウントランスをご購入いただければ電圧の異なる外国でもお使いいただけます。
なお、海外でのご利用の場合は製品保証の対象外となります。


パソコンの無線LANや携帯電話などと干渉しませんか?
センサーやリモコンの電波とは周波数が異なります。無線LANをお使いになっている住居や事務所、お店でも問題なくご利用いただけます。
ただし無線LANルーターや家電製品など自然に発せられる電磁波の影響を受ける場合がありますので1m程離して機器を設置してください。


フラッシュブザー警報機は防犯センサーの代わりに接点信号でも警報を作動させる事ができますか?
可能です。無線送信機という機器を使います。無線送信機を他社製のセンサーや警報機に接続すると雷神ホームセキュリティシステムに取り込んで警報を出すことができます。
無線送信機には、無電圧リレーb接点入力タイプ(各種センサー類)と無電圧リレーa接点入力タイプ(各種警報盤や測定器が多い用)の2種類がございます。




設置上のご注意
機器は金属面(壁、鉄骨)直接接着しないようにしてください。送受信感度が下がります。
金属面に機器を設置する場合はプラスチックや木製の台座を間に挟んで10センチ以上は金属面から離してください。
シールドルームや地下室など電波の伝播状況が良くない場所でのご利用の場合は中継機の御利用をご検討ください。



雷神屋外侵入者点滅ブザー警告システム

警報機は防滴構造で屋外設置可能。防犯センサーが反応するとブザー音とランプで直接侵入者を威嚇します。
屋外設置可能な防雨型警報機と屋外用赤外線センサーを使った簡易防犯監視システム。
屋外防犯センサーは複数個ご利用いただけます。

雷神屋外侵入者点滅ブザー警告システム


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ

バナースペース


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内