本文へスキップ

タイマー内蔵無線式パッシブセンサー回転灯警告装置への質問と回答、Q&A集。

タイマー内蔵無線式パッシブセンサー回転灯警告装置へのご質問と回答







【商品の導入方法】

取付は簡単です。以下のようなおおまかな流れとなります。

1.無線受信機と回転灯を電源の切れた状態で繋ぎます。
2.設置をご希望の場所に無線受信機+回転灯と屋外用人感センサーをネジ止めせずに仮置きします
3.無線受信機の電源プラグを近くのコンセントに差し込みます。無線受信機は横倒しではなく、壁付けのように立てかけて置いてください。
4.付属のリモコンのONボタンを押します。無線受信機の側面の赤色LEDが点灯して警戒モードになります。
5.屋外用人感センサーの前を横切ってセンサーを感知させ、センサーより電波を送信させます。
6.センサーの感知に対応して回転灯が正常に作動するのを確認してください。
7.正常な動作を確認できたら無線受信機、回転灯、人感センサーをネジで壁面などにしっかり固定してください。

以上で完了です。
無線受信機と人感センサーは上下2カ所のねじ穴にネジを通して壁などに取り付けます。無線受信機の取り付けの際は電源ケーブルの出ている面を下向きにしてください。



設置上のご注意
電波はリモコンと受信機が同じ建物内のつながった空間ですと届きやすくなります。
鉄筋コンクリート造りの建物内でご利用の場合は、廊下などつながった空間や大きなフロアなど電波が遠くまで飛ぶ空間を利用してご利用ください。
機器は金属面(壁、鉄骨)直接接着しないようにしてください。送受信感度が下がります。
金属面に機器を設置する場合はプラスチックや木製の台座を間に挟んで10センチ以上は金属面から離してください。
シールドルームや地下室など電波の伝播状況が良くない場所でのご利用の場合は中継機の御利用をご検討ください。



タイマー内蔵無線式パッシブセンサー回転灯警告装置

パッシブセンサー(人感センサー)が人や車に感知すると予めタイマー設定された時間だけ大型パトランプが回転して周囲に注意を促したり
侵入者へ威嚇や警告を行います。

タイマー内蔵無線受信機は小型のワイヤレスリモコンで警戒モード、解除モードの切替オンオフ操作を行います。
タイマー内蔵無線受信機は小型のワイヤレスリモコンで警戒モード、解除モードの切替オンオフ操作を行います

センサーは付属のネジで簡単に設置できますのでお客様ご自身の手で監視エリアを自由に設定、変更できます。
お庭など敷地内への不審者の侵入監視、車への悪戯防止、駐車スペースや外に商品を保管する事務所や店舗の防犯管理にもお使いいただけます。

タイマー内蔵無線式パッシブセンサー回転灯警告装置


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ


バナースペース


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例

会社案内