本文へスキップ

数年利用しているシルウォッチ腕時計送受信機が急に充電できなくなりました。何が原因でしょうか?

双方向シルウォッチへの質問と回答


急に腕時計受信機が充電できなくなったのですが、何が原因でしょうか?

(ご質問への回答)

ご利用の期間が長くなりますと腕時計に内蔵されている電池は徐々に劣化していきます。

シルウォッチの電池は電池自体に保護回路は入っていますが、電池の電圧が一定以下に下がると、機器の保護のため腕時計は動作することも充電することも出来なくなります。

その場合、腕時計の内蔵電池の新品と交換をすると元通りになると思います。


腕時計の電池交換は、腕時計を一旦お預かりして、メーカーに送って交換する形となります。電池交換は有償となります。





本製品をご紹介するページは以下の商品名か画像をクリックしてください
本製品をご紹介するページは以下の商品名か画像をクリックしてください。


双方向シルウォッチ-腕時計型送受信機を利用する無線呼び出し装置

送受信機は押しボタン操作、もしくは各種警報盤やセンサーの接点信号でシルウオッチ腕時計送受信機に向けて呼び出し信号を発信します。


腕時計送受信機は電波を受信すると振動しながら液晶画面に呼び出し情報を表示します。


押しボタンの手動操作だけでなく、接点信号(無電圧a接点)による自動呼び出しも可能です。
双方向シルウオッチ

互いの機器の電波が届く距離は、互いに見通しの利く状態で約200mです。
※電波が届く距離は使用場所などの環境条件によって変わります。


製造業の現場工場、店舗、ホール、役所などの業務呼び出しや緊急連絡など。
さまざまな場面で活用できる無線通信情報システムです。


(サブマスタ呼出し)
シルウオッチ腕時計送受信機から送受信機を介して他の腕時計送受信機を呼び出す機能です。
腕時計送受信機の押しボタンを押すことで、他の腕時計にメッセージを流します。

双方向シルウオッチのサブマスタ呼び出しのイメージ図

双方向シルウオッチのサブマスタ呼び出しのイメージ図。



双方向シルウオッチ関連リンク集

双方向シルウオッチの腕時計送受信機は電波を受信している間、振動しているのでしょうか?

双方向シルウオッチを下水道やトンネルのような狭い空間の中で使用しても大丈夫でしょうか?


ワイヤレス非常押しボタン緊急警報システム関連リンク

保育園や幼稚園での非常押しボタンの導入例のイメージ図。

飲食店,ファーストフードでの非常押しボタンの導入例のイメージ図。


バナースペース


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

防犯設備機械警備

ホーム セキュリティ

高齢者安否 確認システム

押しボタン 緊急連絡装置

労働災害 防止システム

防災設備

緊急通報装置 非常連絡設備

人、車の追突 防止、侵入警告

無線式 パトランプ

接点信号 自動通報装置

一人作業時の 緊急連絡装置

無人受付電話 呼びだし装置

フォークリフト 追突防止装置

ポケットベル

特定小電力 無線システム

固定電話網 自動通報装置

メール自動 通報装置

警告シール 警告ラベル


非常ボタンの 選び方

ソーラー電源 無線連絡装置 自動通報装置

セキュリティ システムの の導入例


株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793

安全対策ドットコム